読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽ビデオのおすすめ! MVと、映像の紹介所。キャンプサイトがお届け。  

かっこいい音楽ビデオ! 映像のプロが、音楽ビデオ / MV / PV / ミュージック・ビデオ等々から、全ての映像を「おすすめ」。ブックマークしてね。

第10回【おすすめ音楽ビデオ!】RIO PARALYMPICS VIDEO に感じる、映像を評価するって難しい!音楽ビデオも同じか。

映像制作者「必見!」の映像。

第10回の今日は…

 

www.youtube.com

ネットで見つけた、素敵な映像。リオ・パラリンピックの「プロモーション映像」(って言ったらいいのかな)です。

 

概ね、高い評価(「かっこいい!」とか「意義深い!」という感じですね!)が得られているようです。

 

僕も、「いい!」と思いました!

 

…という前提で、

映像的にどうか?ということを考えてみました。 

 

全体に、デジタル世代の映像ですね。16秒くらいのワイドレンズの「アオリ」の絵でそれを強く感じます。これが出だしで、ちょっと残念な感じ。このあたりの「演奏シーン」が、ビッグバンドっぽいムードを強く出していると、いいのではないか?と、感じました。

好みでいうなら、もうちょっと「クリアでない雰囲気」があると、この曲の持つ時代感(といっても、今の時代に作られた曲ですが)が出るのかな、と。

おそらく、曲の持つ時代感に合わせようとした感じが、映像の色合いには出ているので(イエローに少し転んだ色味とか)、逆に映像のクリアさが、「チープ」に見えてしまうという、感じがします。

 

一方、曲の感じと、カメラワーク(早めのズームとか、早めのレールカメラの移動)が、マッチしているとは思いました。コミカルなムードとかですね。

 

トータルでいうと、

「かっこいい!」というよりは、「テレビの映像、テレビ番組な構成/構造」と思えました。全体が「明るくて、フレーム内の全ての要素が『見えている』」感じだからですかねー。

 

あまり悩まなくても、考えなくても、「意味がわかる」という、

「『解釈を決めて』見せてくれる」映像、という感じです。

 

 

 

一方、こんなのも、ありました。

www.youtube.com

 これは、映像的には好きかも。かっこいい、と言えるとおもいます。

(デジタルな絵、という感じがしないからですね)

しかも、

「見てる人が、これは何についての映像なのか『解釈』をしてみませんか?」という態度がある気がします。

 

 

 

そして、

僕は、この映像とかが「かっこいい!」と思える「人種」です(笑)。

www.youtube.com

ワイドレンズを使ったシーンでも、奥行きがある(ワイド=広角レンズって、背景までクリアにピントが合う可能性が高いので、その広角レンズでも背景をぼかせられれば、かっこいい感じがするものです)。

色味も、デジタルであろうとすることを拒否する感じの、クールな感じ。

 

同じテーマを扱っても、このようにアプローチが変わる、変われるのですね!

 

 

 

いつか、音楽ビデオでも、

「同じ曲をいろんな人が撮る」みたいなことをやってもいいのでは?みたいにおもいます。

(多分、そんなことやってないと思うのですが…)

 

 

 

では、また次回。

Let's SEE YOUR MUSIC!

 

 

HP : www.kampiste.jp

www.kampsite.jp

 

YouTube : kampsitejp

www.youtube.com