読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽ビデオのおすすめ! MVと、映像の紹介所。キャンプサイトがお届け。  

かっこいい音楽ビデオ! 映像のプロが、音楽ビデオ / MV / PV / ミュージック・ビデオ等々から、全ての映像を「おすすめ」。ブックマークしてね。

第13回 【おすすめ音楽ビデオ!】ディレクター名で、音楽ビデオを見る! 結構面白いよ!

海外の音楽ビデオで「おすすめ!」もの。 必見!音楽ビデオの「名作中の名作」!

第13回の今日も…今日見た、いいビデオ!

(今日見た、ダメなビデオ!っていう方が個人的には好きですが…)

 

 

いつもMTVやらスペシャやらM-ONやらで見るビデオ、冒頭の何シーンかで、「あ、これ最後まで見よう!」とか判断?するわけなんですが、このビデオも「ん?」という感じでひっかかりまして。

 

前回のレッチリで取り上げた「トーン的に」とか「光の感じ」とか、「質感」が、デジタルとアナログのいいとこ取り、に思えたのです。

「柔らかい光、しかし、画面の中の暗い所はちゃんと暗く、で、つるっとしつつも色合いがアナログ方向に設定されている」

 

で、見ていけばいくほど、内容もおもろい!という。

www.youtube.com

 

ディレクターは、Joseph Kahn。韓国生まれのミュージックビデオディレクターですね。

 

バンドが出るシーンが限られている、っていうのもいい。

 

こういう構成だと、「ドラマ仕立てで、バンドは出なくってさー」っていう、レコーd会社やバンドやアーティストのかたがたのご要望がでてきたりするもんですが、さすがでんなー、ちゃんと、意図がわかって、ちらり出てます。かっこいい。

 

で、Joseph Kahnですが…きっと、妄想癖がすごく(個人的感想)、それがめちゃくちゃ出ている、多分彼の代表作といってもいい、これ。

www.youtube.com

実際に世の中にある風景で、皆がそこはかとなく考えること(笑)を、(みんなの代表として!)彼なりに「妄想して変化させ」ています。

その「感覚」がこの2作に共通していますね。

 

何の気なしに、onerepublicのほうを見ていて、「いいなあ!『TOXIC』っぽい」って思ってみたら、同じディレクター、という…。

 

特に女性の描き方が、好き(笑)。キャラ選びも。

 

 

やっぱ、にじみでるんですね。

 

にじみでる、って大事です。

 

 

「TOXIC」のほうで、途中途中に入る、ほぼほぼヌードのBritneyのシーン、どっかでみたけど、このシーンだけバージョンっていうのもあって(ベスト盤のボーナスDVDだったかな)、

「あー、彼の国でも、ああいうリップシンク(歌を歌うのを主軸に置いたシーン)って、1曲通しで撮るんだねー」と妙に感じ入ったものでした。

(映画的発想だと、すでにカット割りができていて、必要なとこだけ撮る、みたいな気もするじゃないですか)

(それに歌い手側も「えー、まるまる1曲演るのの、めんどくさーい」って言いそうだし…日本だってそういう状況あるし…涙)

 

などと、思いました。

 

 

ディレクターという切り口で、MVを見るのも、面白いもんです。

 

Peter Care、Mark Romanek、Joseph Kahn、といった人たちが、これまでこのブログで取り上げられてきてます。もちろん、もっともっといるわけで、今後も紹介していきたいと思います!

 

では、Let' See Your Music!

 

 

kampsite(キャンプサイト)は、インディーズ音楽の「映像」を専門に「公開」「制作」しているチームです。

 

HP : www.kampiste.jp

www.kampsite.jp

 

YouTube : kampsitejp

www.youtube.com