読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽ビデオのおすすめ! MVと、映像の紹介所。キャンプサイトがお届け。  

かっこいい音楽ビデオ! 映像のプロが、音楽ビデオ / MV / PV / ミュージック・ビデオ等々から、全ての映像を「おすすめ」。ブックマークしてね。

第44階 【おすすめ音楽ビデオ!】グッドモーニングアメリカ「鉛色のスターゲイザー」MVが良かった!

日本の音楽ビデオで「おすすめ!」もの。

音楽ビデオらしい音楽ビデオ、久々の登場です。

 

f:id:ksmvintro:20170122130056j:plain

 

 

まずは、見てみましょう!

www.youtube.com

…?

ワンカットか…?

ワンカットだな!

 

いいじゃん!

 

ワンカットは、音楽ビデオの粋!

好きです!

 

 

ワンカットのいいところは、

「絵のよさ、を犠牲にしないと成り立たない」ところ。

 

逆に言えば、

「ワンカットにしなければいけないことで、どうしてもそうなってしまう『絵』」が、必然性のある絵になってくることで、「機能的に『良い絵』」になってくる、

そういう「アート性」が出てくるのが、ワンカットの良さだとおもっています。

 

普通だったら、もうちょっと「引く」だろう、とか、「寄る」だろう、とか、そういうことを考える前に、

「ワンカットでスムーズに行くこと」を考えるわけですから。

 

そういう視点で、このビデオを見返してもいいのかなーと。

 

 

メイキングもありました。めずらしいですね。

www.youtube.com

ここまで見てみて、

 

やはり一点、気になるのは…

「視点が変わること」と、「カメラワークが大げさにあること」です。

 

このブログの第23回でご紹介しました…

ksmvintro.hatenablog.com

この中で、HARUHIさんのビデオを紹介しましたが、やはり、「カメラワークが強め」に出てくるときに、人間の視点や感覚が「ワンカットのシームレス感」から離れて、あっちこっちにぶれ始めるところが残念。

 

ボブ・ディランのMVは、フレーム固定なので、余分な感覚が生まれづらくて、起きていることに集中していくことになってしまう、それが、とてもいいんですよね!

 

このグッドモーニングアメリカのMVも、一定の、激しくないカメラワーク/視点の移動にとどめると、もっと良かったのかな、と、けっこう強めに思います。

 

 

とは言っても、なにしろ最近の音楽ビデオのなかでは「出色」の出来!ですから、みなさん、何度も見てください、ね!

 

 

では、See Your Music!

 

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

kampsite(キャンプサイト)は、インディーズ音楽の「映像」を専門に「公開」「制作」しているチームです。

YouTubeチャンネルでは、さまざまなインディーズ音楽の映像を…

ぜひ!

 

YouTube : kampsitejp

www.youtube.com

 

Facebookもあります。

www.facebook.com

 

ホームページはこちら。 

HP : www.kampiste.jp

www.kampsite.jp

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>