音楽ビデオのおすすめ! MVと、映像の紹介所。キャンプサイトがお届け。  

かっこいい音楽ビデオ! 映像のプロが、音楽ビデオ / MV / PV / ミュージック・ビデオ等々から、全ての映像を「おすすめ」。ブックマークしてね。

第309回【おすすめ音楽ビデオ!】昨日もご紹介した Zhu、その過去の曲のMVが最高にクール!そこから、似たような映像表現…実写とアニメの境界線を彷徨う映像・映画を一挙ご紹介!…な、毎日22:30更新のブログです。

昨日もご紹介した Zhu、その過去の曲のMVが最高にクール!

そこから、似たような映像表現…実写とアニメの境界線を彷徨う映像・映画を一挙ご紹介!

 

…な、毎日22:30更新のブログです。

 

f:id:ksmvintro:20170929103527p:plain





 

 

 

Zhuのことは、昨日書いたばかりです。

ksmvintro.hatenablog.com

 

 

そして、THEY.は…

THEY. - Wikipedia

2015年に活動開始した、ロサンゼルスのR&Bユニット。この曲はイギリスでチャート71位であったらしい。

 

 

Skrillexは、このブログではもうお馴染み(笑)!

ksmvintro.hatenablog.com

ksmvintro.hatenablog.com

 

 

 

では、ごらんいただきましょう!

ZHU x Skrillex x THEY. で「Working For It」!

www.youtube.com

おそらく、実写の映像にエフェクトをかけて、アニメというかイラストというか、そういう感じにもって行っているのでしょう。

 

こういうやり方があったか!

 

めちゃくちゃクールですよね。

 

 

 

 

…この感じの表現、あの監督の作品を思いだしました!

 

リチャード・リンクレーター。

リチャード・リンクレイター - Wikipedia

僕は、イーサン・ホークという俳優、このリチャード・リンクレーターの監督作「恋人までの距離」で「いいなあ」と思ったものでした。

 

2001年の監督作、「ウエイキング・ライフ」は、いわゆる「アニメと実写の境界線」を行き来した感じの映像(もしくは、アニメで!といってもいい)で、

わたくし的に「史上第1位!」の衝撃作でした。

www.youtube.com

 

で、この手法を生かして、

リンクレーターは、SF作家これまたわたくし史上第1位!のフィリップ・K・ディックの問題作「Scanner Darkly(邦題:暗闇のスキャナー)を作り上げたのでした。

www.youtube.com

 

 

 

だいたいにおいて、ディックの映像化は、未来的な描写に行き過ぎてしまうきらいありで。

 

例えば…

 

トータル・リコール

www.youtube.com

 

マイノリティ・リポート

www.youtube.com

 

ペイチェック

www.youtube.com

 

「NEXT」

www.youtube.com

全部、ビッグ・スターをキャスティング!ですね。

 

 

その他、ディックの映像化って、結構あって…

どれも、ちょっとやりすぎというか、原作の持つ「いかがわしさ」や「キッチュ感」が消えてしまっている気がします(ここでは、ハリウッド系大作をとりあげたので、余計そんな感じですが)。

 

 

 

わたくし、思いますに… 

ディックの作品は「ガジェット(ガラクタ感のあるオモチャや道具)のアイデア」と「筋立て」、そして「その『筋立て』の『破綻』」が魅力。

 

上記のような「ハリウッド系」だと、ストーリーの「破綻」は許容されがたいので、どうしてもそこが「整理整頓」されてしまい、

結果、「筋立ての破綻」に最も寄与している「ガジェット」の魅力が半減以下!になってしまう。

 

その点、リンクレーターの「Scanner Darkly」は、原作通り「舞台がまったくもって『現代=日常』」で、そのせいで、日常の中に潜む「自分の存在とは?」という疑問と「存在の矛盾」をを追求する原作のテーマがはっきり浮き彫り!

 

それこそがディックの魅力!

 

なので、おそらく「Scanner Darkly」は、ディックの映像化という意味で「史上第1位!」と言っていいでしょう。

 

 

 

そして…

実写とアニメ(というか、イラストというかアメコミ)の境界線をさまよった名作としては…

シン・シティ」!

https://ja.wikipedia.org/wiki/シン・シティ

 

ロバート・ロドリゲス監督は、この映画を…(原作へのあまりのリスペクトが昂じて)原作者のフランク・ミラーと共同監督したいがために、アメリカの監督協会から、脱会したんじゃなかったっけ…。

www.youtube.com

(これは、シン・シティ 2)

いいねえ。この映像表現も。

 

なかでも、ジェシカ・アルバ

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジェシカ・アルバ

の良さが際立ったね!

(そんなことばかり言ってますが)

 

 

 

そして、

日本のテレビにも!この手の表現が意外なところに!

www.youtube.com

バンキシャ」のオープニング、前から好きだった…いいよねえ。

 

 

 

 

…と、

 

Zhuからバンキシャ、までたどり着いた、今日の…

 

See Your Music!

 

でした。

 

 

 

 

 

なお、このブログで紹介したMVや映像は、プレイリストになっています。

下のリンクがそれです。

www.youtube.com

最新回から第51回、全805本が観れます!

(そんなに見れないって…)

 

 

BRUTUSさん…

f:id:ksmvintro:20170923140057j:plain

 BRUTUS最新刊)

 

サンレコさん…

f:id:ksmvintro:20170830093230j:plain

 

サンレコ最新刊)

 

 

ベストヒットUSAさん…

f:id:ksmvintro:20170830103346j:plain

こんな視点のブログ、いいですよね?(自画自賛

 

 

…こういう風に、いろんな「観点」から音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオを紹介していく「テレビ番組」とか、もうないしね!かつては、テレ朝系でやってたときのMTVの1時間番組は、そんな感じで、「あー、この音楽ビデオを見たらいいのか!」って、一つの基準になってたなあ、と、思い出しました。

f:id:ksmvintro:20170521133354j:plain

f:id:ksmvintro:20170521133525j:plain

そんな気分で、毎回この【おすすめ音楽ビデオ!】を書いています。

 

 

続いて、

告知!

 

わたくし…

あらたなインターネット放送・メディアに、参加しております。

その名も、「1000人TV」!!!

 

www.1000tv.jp

www.youtube.com

 

1000人TVは、現在、上記オフィシャルYouTubeアカウントにて、先行で映像を配信中です。

毎日YouTube Liveにて生番組も放送中。

生放送の一部を「アーカイブ」にて公開もしています。たとえば…

360度映像での、アーカイブです。ChromeYouTubeアプリなど、360度映像再生可能な環境では、スタジオの様子がぐるり見渡せます。

 

 

www.youtube.com

他にも、

 

www.youtube.com

…などの「1000人TVオリジナル映像」が、都内各地の街頭ビジョンでの「放送」とシンクロするものも含め、この1000人TVでも公開中!

 

 

そして、

「バースデイ・イヴ・ミュージック」と称して、24時間休みなく、日本の音楽界の礎を築いたアーティストやシンガーの楽曲を、その曲を愛するミュージシャンやタレントがカバーしている放送も実施中。

www.youtube.com

 

 

一度ぜひごらんください!

  

なお、

 

わたくし「映像大好きkk」は、こういうブログを書くことが専門!というわけではなく、

いろんな種類の映像を作る仕事をしております。

音楽ビデオやCMが主な主戦場ですが、それらをYouTubeのプレイリストにしました。

www.youtube.com

 

お茶やお酒のお供に、ぜひどうぞ。

 

そして、

こちらでも、映像にまつわるブログ、書いてます。

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

 

ここでは、映像大好きkk以外に、イケてる大人たちがイケてる記事をどんどんアップしています。

 

ぜひどうぞ!

 

>>>>>>>>>>>

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

映像大好きkkが在籍している、「キャンプサイト」は、

インディーズ音楽の「映像」を専門に「公開」「制作」しています。

YouTube : kampsitejp  https://www.youtube.com/?gl=JP

Facebookも。 https://www.facebook.com/kampsite.co.jp/

ホームページはこちら。http://www.kampsite.jp

 

よろしくお願いいたします!

 

>>>>>>>>>>>

 

そして、本気の「ボーナス・トラック」は、こちら!

 

www.youtube.com