音楽ビデオのおすすめ! MVと、映像の紹介所。キャンプサイトがお届け。  

かっこいい音楽ビデオ! 映像のプロが、音楽ビデオ / MV / PV / ミュージック・ビデオ等々から、全ての映像を「おすすめ」。ブックマークしてね。

第502回【おすすめ音楽ビデオ!】「おすすめ音楽ビデオ ベストテン 日本版」! 2018/11/22 分で、ゲスの極み乙女。の問題作、indigo la End弾いてみた、BUMP、SALUと古舘伊知郎の4曲が登場!

 

f:id:ksmvintro:20181122164815p:plain

おすすめ音楽ビデオ ベストテン 日本版!

 

非常に「私的なチャート」ですので…閲覧にご注意(笑)。

 

 

 

日本の音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオで、

  

 ★『おすすめ音楽ビデオベストテン!』

 

を作ってしまおう!という、大それた(笑)企画。

 

 

その「ルール」は… 

 

★川村ケンスケ a.k.a.映像大好きkk と、kampsite(キャンプサイト)のYouTubeアカウントの「ホーム」に「おすすめ」等々の形で現れた「音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオ」や「映像」のなかから

 

★「公開日」が「1ヶ月以内」という条件で(これは、若干伸び縮みします…)

 

★川村ケンスケ a.k.a.映像大好きkk の視点で選んだ「10曲」の

 

★「総視聴数」を「公開されている日数」で割って…公開からの「1日平均の視聴数」を割り出し、

 

★その数の多い順で、チャートにしたもの!

 

 

…です。

 

 

総視聴数と、1日あたり視聴数、それらの数字の「印象」の差なんかも、ちょっと感じられて、なかなか面白いチャートです!

 

 

では、始めましょう!

  

 

今週の第10位!    

www.youtube.com

2018/10/28公開  

23,182回 @2018/11/22 16:32

1日あたりの視聴数 891回

カノエラナ「本能的恋愛のすゝめ」。

いわゆるリリック・ビデオなんですが…

音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオが比較的簡単に撮影してできるようになってきて久しいわけで、そんな中で、現場の「光」の環境や、人物との距離感、もっとひどい時には人物の表情に至るまで、まったく「気をつかってない(予算の少なさ、という名の下に…そしてそれは、比較的簡単に高画質で撮影できてしまうことにも起因)」ということが横行していて、非常に嘆かわしい。なにとは言いませんが。

昨夜のtvk音楽缶

www.tvk-yokohama.com

…を、たまたま見て、放送されている音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオの半数以上がそんなかんじ。

そんなことなら、この、カノエラナの映像みたいに作ったほうがよっぽど潔く、いいものができる!と、心の底から思ったのでした(以上)。

 

 

 

 

今週の第9位!   

www.youtube.com

2018/10/29公開  

32,756回 @2018/11/22 16:33

1日あたりの視聴数 1,310回

a flood of circle「夏の砂漠」(director:多田卓也)。

私思いますに、音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオ(にも映画にも)「キラーカット」ともいうべき「その作品を象徴する印象的なカット」があると。

この「夏の砂漠」では、真下(ではないが)からのカット、が、まさにそれ!これを作れただけで、この作品ができた価値がある!

もっというと、そのキラーカットで押し切る、もしくは「サブ!キラーカット」があれば完璧!

 

 

 

  

 

今週の第8位!  

www.youtube.com

2018/11/17公開  

27,526回 @2018/11/22 16:22

1日あたりの視聴数 4,587回

indigo la End 本人が「ほころびごっこ」叩いて・弾いてみた

indigo は結構こういうことやってるのね。こんな風に使われるとは!と、撮った本人としては思います!演奏をしっかり見たい、って言うのはあるよね!

 

 

 

 

        

今週の第7位!  

www.youtube.com

2018/11/21公開  

10,661回 @2018/11/22 16:10

1日あたりの視聴数 5,330回

ゲスの極み乙女。「ドグマン」ディレクター:酒井麻衣。

そっかー。いよいよこういう時代に…。映像編集のソフトをネタに作ったという。こういうのはいわゆる「つくっていることをみせることでつくる」という、小難しく言うと「自己言及型」音楽ビデオですね。編集をしている作業の中での「アーティストと監督とのやりとり」とおもいきや!の「映像内主人公のやりとり」になるSNS画面といい、面白い試み満載! つくるということが、「現実」と「仮想」の間を進む、ということなのだ、という、川谷絵音のクリエイティブ観がかなりのレベルで達成された音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオ、と言えるであろう。

 

 

  

 

今週の第6位!    

www.youtube.com

2018/10/29 公開  

310,010回 @2018/11/22 16:33

1日あたりの視聴数 12,400回

赤い公園。「消えない」。(ディレクター:志村知晴)

監督がコレオグラファーを兼務しているようで、演奏シーンとダンスをいかに「同位置にもっていくか」ということの回答がこの画面構成なんでしょうね。あと、曲中間でなぜか「宇宙に!」こういう「トビかた」、大好きです。だって、きっと、音のほうも、その中間で「トビたい」わけですからね。理屈ではなく、こういうふうに行っちゃうのが、映像の醍醐味です!

 

    

 

     

今週の第5位! 

www.youtube.com

2018/10/30公開  

455,382回 @2018/11/22 16:34

1日あたりの視聴数 18,974回

PUMPEE「タイムマシーンにのって」(director:Ghetto Hollywood)。

アニメのセンスよし!ですね。YouTube時代は、実写で精密な雰囲気のある映像よりも、こういうわかりやすいものが魅力的に見えるね!アメリカン・テイストと、和な設定が混じっているのもいい。もしやアニメというより、実写を基に加工したのか?テロップのにじみ具合もいいね。

 

 

   

 

今週の第4位!  

2018/11/16公開  

258,992回 @2018/11/22 16:18

1日あたりの視聴数 36,998回

SALU x 古舘伊知郎「MAKE MY BRAND」

アーティスト名に「古舘伊知郎」ってあるだけで、なんだかかなりのインパクト!そして、その古舘伊知郎のラップのシーンが、意外にもかなりかっこいい。YouTubeの書き込みに「いとうせいこうを彷彿とさせる」的なものがありましたが、方向性が違うとはいえ、確かにそういう感じも。ラップというより「トーキングなんちゃら」っぽいのも、このヒップホップ的な文脈にとってかなりの「持ってきた」「サンプル」感で、そこが、いとうせいこう的に言えば、ヒップホップの魂(とは、いとうせいこうは言ってなかったと思うが)を感じる。

 

 

 

   

今週の第3位! 

www.youtube.com

2018/11/17公開  

468,113回 @2018/11/22 16:29

1日あたりの視聴数 78,018回

BUMP OF  CHIKEN「Spica(リリック・ビデオ)」

リリック・ビデオに力を入れているバンドの一つがこの BUMP OF CHIKEN ですが、僕的にも、そういう方針に大賛成!音だけが際立つ、という意味においても、歌詞が飛び込んでくる!と言う意味においても、この表現はイケてると思います。洋楽でいうなら、The Chaismokers的なかんじですね。

 

 

     

 

    

今週の第2位!  

www.youtube.com

2018/11/6 公開  

1,552,065回 @2018/11/22 16:35

1日あたりの視聴数 91,297回

ずっと真夜中でいいのに。「ヒューマノイド」。

こういう「2D」と「3D」が混じっているアニメ…イラストの要素の強いアニメ、っていうんでしょうか、結構好きなんです…というか、そっかこれが「2.5次元か!」(違うって)。音楽的にグッときているわけではないんですが…そこが、涙…。

 

 

  

  

そして!

2018/11/22(木)おすすめ音楽ビデオ ベストテン!日本版」…

 

 

今週の第1位!

www.youtube.com

2018/10/25公開  

5,748,145回 @2018/11/22 16:36

1日あたりの視聴数 198,211回

AKB48「NO WAY MAN」。

たまに、こういう素晴らしい映像が出てくるのが、AKBグループの面白さ。

彼らは、発想の原点を、出ているアーティスト本人を中心に置くのでなく、あくまでメンバーを素材として、どういう面白い・素敵な・馬鹿馬鹿しい・目立つ、ことができるか、ということを考えているのでしょう(わたくし、その発想をするこの現場を経験済みなので、確かです)。

この映像も、

★映像のキレの良さ(…は、ディレクターのセンスによるところが大きい)

★画面構成・コンポジション(も、ディレクター・センスだけど、きっと首脳部!のイメージもある?)

★ダンスシーンの「既視感」は、意図的!?(ぼく、これ、武富士じゃん!と思ってしまいましたが、その本歌取り感もまた素敵!)

それら(だけではない)が、非常に素敵にまとまっていると思います!

例えば…ですが。

www.youtube.com

こう書くと、なんか「揶揄」してるように思われる向きもあるかもしれませんが、この「NO WAY MAN」は、ほんとにいいMVだなーと思います。

 

 

  

…という結果でした!

 

賛否両論、ございましょうが…

 

あくまで、冒頭に書いた基準にのっとっており、意見には個人差があるということで。

 

一つの「音楽」「映像」の見方として、捉えていただければ、と、思っています!

 

 

という今日の…

 

See Your Music!

 

でした。

 

 

 

 

なお、このブログで紹介したMVや映像は、プレイリストになっています。

下のリンクがそれです。

www.youtube.com

最新回から第51回、全874本が観れます!

(そんなに見れないって…)

 

 

BRUTUSさん…サンレコさん…ベストヒットUSAさん…こんな視点のブログ、いいですよね?(自画自賛

 

 …こういう風に、いろんな「観点」から音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオを紹介していく「テレビ番組」とか、もうないしね!かつては、テレ朝系でやってたときのMTVの1時間番組は、そんな感じで、「あー、この音楽ビデオを見たらいいのか!」って、一つの基準になってたなあ、と、思い出しました。

 

そんな気分で、毎回この【おすすめ音楽ビデオ!】を書いています。

 

 

 

  

なお、

 

わたくし「映像大好きkk」は、こういうブログを書くことが専門!というわけではなく、

いろんな種類の映像を作る仕事をしております。

音楽ビデオやCMが主な主戦場ですが、それらをYouTubeのプレイリストにしました。

www.youtube.com

 

お茶やお酒のお供に、ぜひどうぞ。

 

そして、

こちらでも、映像にまつわるブログ、書いてます。

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

 

ここでは、映像大好きkk以外に、イケてる大人たちがイケてる記事をどんどんアップしています。

 

ぜひどうぞ!

 

>>>>>>>>>>>

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

映像大好きkkが在籍している、「キャンプサイト」は、

インディーズ音楽の「映像」を専門に「公開」「制作」しています。

YouTube : kampsitejp  https://www.youtube.com/?gl=JP

Facebookも。 https://www.facebook.com/kampsite.co.jp/

ホームページはこちら。http://www.kampsite.jp

 

よろしくお願いいたします!

 

>>>>>>>>>>>