音楽ビデオのおすすめ! MVと、映像の紹介所。キャンプサイトがお届け。  

映像のプロが、年間 約200曲!の 洋・邦 音楽ビデオ / MV / PV / ミュージック・ビデオを紹介。全てが「おすすめ映像」です!ブックマークしてね。

第564回【おすすめ音楽ビデオ!】…の洋楽版 ベストテン! Ed Sheeran、Caroline Polachek の2曲が新着! 2019/ 6/26(水)のチャート。みなさんにお知らせください!

YouTubeの再生回数から決定

おすすめ音楽ビデオ!洋楽版ベストテン です。

 

 

ベストテン決定のその「ルール」は…

 

 

★わたくし、川村ケンスケ a.k.a.映像大好きkk YouTubeアカウントに「おすすめ」等々の形で現れた「音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオ」や「映像」のなかから、

 

「公開日」が「1ヶ月以内」という条件で(これは、若干伸び縮みします…)、

 

川村ケンスケ a.k.a.映像大好きkk の視点で選んだ「10曲」の、

 

★「総視聴数」を「公開されている日数」で割って…公開からの「1日平均の視聴数」を割り出し、

 

★その「平均視聴数」の多い順で、チャートにしたもの!

 

 

音楽もさることながら「映像的に、ぐっとくるもの、あたらしいもの」という視点で、選んでいます。

再生回数上昇中!が、注目曲です。

 

 

「おすすめ音楽ビデオベストテン!」2019/ 6/26(水)!

  

 

 

 

第10位!

www.youtube.com

2019/6/20公開

6/27 1:08時点での、総視聴回数 101,244回

平均視聴数 14,463回。

Caroline Polachekで「Door」。

フレームが「4:3である」というだけで、まず注目!そして…映像の中に散りばめられている「アーティスティックな表現」がすばらしい。音のつくりとマッチしてるね。影絵的なセット感、でも非常にファッショナブルでフォトグラフィー。本人のセクシーさを際立たせています。意味がありそうで、ない、感じ。4:14以降の感じが真骨頂かも。サカナクションと違って、映像的に80年代を今表現するとしたら、こういうことなんじゃないかな?こういう自由な音と映像の「大人な」表現が、我が国でももっと欲しいねえ。

f:id:ksmvintro:20190627012606j:plain



 

  

 

   

第9位

www.youtube.com

2019/6/12公開

6/27 1:16時点での、総視聴回数  298,594回

平均視聴数 18,662回。

BANKS featuring Francis & The Lightsで「Look What You're Doing To Me(Lyric Video)」。

このリリック・ビデオは、と言いつつももちろんムービー。水の中に漂う「花と体」。歌詞とあいまってエロティックな雰囲気の映像です。そんなことが、このシンプルな映像から伝わってくる。そのシンプルさと、確実に伝わる内容。これが、リリック・ビデオの醍醐味、という感じのMVです。

f:id:ksmvintro:20190620010904j:plain

 

 

 

 

  

   

第8位! 

www.youtube.com

2019/6/14公開

6/27 1:16 時点での、総視聴回数  499,016回

平均視聴数 35,644回。

X Ambassadorsで「CONFIDENCE(Audio)」。

オーディオ、と言ってますが、写真を効果的に使って、ムービーに仕立てています。これは、ナイスアイデア!静止画が動画にみえるから不思議。これぞ、今の時代の映像表現です。その証拠に、こういうシンプルさでも再生回数がそこそこいってる、それがこの表現形式の面白さですね。

 

f:id:ksmvintro:20190620010723j:plain


 

 

   

    

第7位!

www.youtube.com

2019/6/10公開

6/27 1:17時点での、総視聴回数  1,455,824回

平均視聴数 80,879回。

The Chemical Brothers で「Eve Of Destruction」。

映像のなかにも、そして、曲の中盤以降歌詞の中にも「日本語」が!むむむ!日本語がそんなに流行っている? と思ったら、ゆるふわギャングのNENEが参加しているとのこと。

www.maryjoy.net

f:id:ksmvintro:20190613001503j:plain

世界的に活動していても、日本でなかなか知られてない、そんなアーティストもいるわけで、いまや、メジャーレーベルに所属して、とか関係なく、活躍の場をいろんなところに求めていけるのだな、と、痛感!

 

 

 

 

 

 

第6位!

www.youtube.com

2019/6/7公開

6/27 1:18時点での、総視聴回数 2,772,681回

平均視聴数 132,032回。

Madonna で「Dark Ballet」。

昔からこうして「(宗教的に)物議をかもす」ことが大変お好みであられるマドンナさま!笑。

www.youtube.com

今回も、かなり「宗教的に、人種問題的に」攻めた内容です。その意図や主旨はさておき、映像的には…最近の撮影の流れとして「ハイスピード=スーパースロー」での「ゆっくり時が流れる映像」が「高級感」の方向に短絡的に結びついて、さらには、スマホでスーパースローが簡単に撮れることで、その技術が多用・多投されているきらいがありますが。この作品での出色は「早送り(しかもいわゆるスローシャッターをちゃんと使っている)」を使って、焦燥感や狂気を表現しているところ。この撮影方法は、スマホではできない(タイムラスプでは、スローシャッターができないのです…わからないひとはお兄さんやお父さんに聞いてみよう!ウソ)のです。それでも、ねえねえ、スローシャッターって何?というむきには、うーん、教えてあげたいが、そこは本当の「プロ」の領域かな…?参考に、同じくマドンナの以下のMVを!

www.youtube.com

f:id:ksmvintro:20190613004449p:plain

 

 

 

      

第5位! 

www.youtube.com

2019/5/30公開

6/27 1:18 時点での、総視聴回数 4,914,482回

平均視聴数  169,464回

Herve Pagez, Diploで「Spicy」。

昔々なら「よくできたCG!」と言われてそうな、でも今見たらちょっと「いなたい」…という、80年代な仕上がりで、しかも!そのテイストが一般的になりつつあるね、MVという世界では。

        

 

 

 

第4位!

www.youtube.com

2019/6/17公開

6/27 1:20 時点での、総視聴回数  1,946,856回

平均視聴数 176,986回。

Tove Lo で「Glad He's Gone」。

これは、傑作!電話の会話がリップシンクになっている、非常にありがちな演出なのですが、その「歌っている」という行為が、どんどんいろんな場所に移動して行われていく…「彼がいなくなってうれしいわ!」という言葉と裏腹に「うれしくない」というか「このやろう!」っていうか「なんなのよ!」とか、いう、腑に落ちない気持ち、みたいなものが、きちんと映像になって表現されている、そんな気がする、とってもいいMVです。注目!

f:id:ksmvintro:20190620010641j:plain

 

 

 

               

 

第3位! 

www.youtube.com

2019/5/31公開

6/27 1:21時点での、総視聴回数 16,054,102回

平均視聴数  573,360回。

The Chainsmokers,Bebe Rexhaで「Call You Mine」。

逆再生!そのヒトネタ、ですが、久々にこういうのを見ると、これまたちょっと面白い。人間がひきずられるところなんか、変な感じがしますね。そしてやはり、最後にこの物語の「結末というか、そもそもの始まり」はどうなるんだろう、という興味は、確実にそそられる。映像を作る人は、一度は挑戦すべき手法かもしれません! 

 

 

  

 

  

第2位!

 

www.youtube.com

2019/6/22公開

6/27 0:51時点での、総視聴回数 5,550,056回

平均視聴数 1,110,011回。

Ed Sheeran featuring Chance The Rapper & PnB Rockで「Cross Me」。

ダンサーにセンサーがついていて、ダンサーの動きをトレースするように、エド・シーランのCGキャラがダンスする、という映像…あー、どう作っているかわかる映像でホッとしています(笑)。最近は、CGが行き過ぎててどこからどこが実写で、どこから先が実写でないか、ほぼ判別できないものも多いし、そんななかで、この「わかりやすさ」は、実は「アート」っぽいのではないか?と。つまり「どう作ったか?」という過程を見せるということ。前作の ジャスティン・ビーバーとの一作…

www.youtube.com

…の感じに共通する主張が!

でも最後に、この主人公が「そのCGエドシーラン」から「引き剥がせなくなる」というところあたりは、ちょっと「ドラッグ」っぽいねえ。映画「スキャナー・ダークリー」(原作「暗闇のスキャナー」)っぽいっていうか。

www.youtube.com

これ、麻薬取締捜査官が、囮捜査でジャンキーになって、ジャンキーのフリの自分からのがれられなくなるっていう映画です。わたくしの敬愛するSF作家、フィリップ・K・ディックが原作の、数多ある映画の中で、ディックの世界をもっとも正確に、しかし、全く新しい表現で描き出した「怪作」です。

トータル・リコール」とか「マイノリティ・リポート」とか「ペイチェック」とか完全に霞んでしまう、そしてあの金字塔「ブレードランナー」ですら、はるか及ばない、そんな出来栄えの映画なのです。

おっと、話が逸れましたが、

今作のMVでのダンサーの最後の描き方も、ある種「エド・シーラン中毒?」ってこと?なんていううがった見方をしています!

f:id:ksmvintro:20190627010256j:plain

 

     

というわけで、

   

 

2019/6/26(水)!おすすめ音楽ビデオベストテン!

 

 

今週の第1位は…! 

www.youtube.com

2019/5/30公開

6/27 1:23 時点での、総視聴回数 62,623,015回

平均視聴数  2,236,536回。

Katy Perryで「Never Really Over」。

0:51くらいの「変顔!」が見どころなのか!?ケイティ・ペリーの新作は、かなりの出足の良さで伸びてます。かなり不可思議な世界観で、何度か見てみたくなる、そんな作品です。

 

 

   

 

…という結果に!!!  

 

  
いかがでしたでしょうか?

 

 

来週も、映像的に最高で、見られている数も多い!そんな視点のチャートをお送りいたします!

 

 

See Your Music! 

 

  

なお、

 

わたくし「映像大好きkk」は、こういうブログを書くことが専門!というわけではなく、

いろんな種類の映像を作る仕事をしております。

音楽ビデオやCMが主な主戦場ですが、それらをYouTubeのプレイリストにしました。

www.youtube.com

 

お茶やお酒のお供に、ぜひどうぞ。

 

そして、

こちらでも、映像にまつわるブログ、書いてます。

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

 

ここでは、映像大好きkk以外に、イケてる大人たちがイケてる記事をどんどんアップしています。

 

ぜひどうぞ!

 

>>>>>>>>>>>

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

映像大好きkkが在籍している、「キャンプサイト」は、

インディーズ音楽の「映像」を専門に「公開」「制作」しています。

YouTube : kampsitejp  https://www.youtube.com/?gl=JP

Facebookも。 https://www.facebook.com/kampsite.co.jp/

ホームページはこちら。http://www.kampsite.jp

 

よろしくお願いいたします!

 

>>>>>>>>>>>