音楽ビデオのおすすめ!MV・ミュージックビデオ紹介所!by 某映像監督  

映像のプロが、年間 約300曲!の 洋・邦 音楽ビデオ / MV / PV / ミュージック・ビデオを紹介。 全て「おすすめ映像」です! ブックマークしてね。

第692回【おすすめ音楽ビデオ!】「おすすめ音楽ビデオ ベストテン 日本版」! 2020/9/3 版。今週は、CHAI/HINDS、大森靖子、toconoma の3曲が登場! コラム「音楽雑事」は【50%じゃだめなんですか…?】に関して。ぜひご一読を!

おすすめ音楽ビデオ

ベストテン 日本版!

 

今週は、CHAI/HINDS、大森靖子toconoma の3曲が登場!

 

 

そして、

今週もっとも多い

「 102,045  回という1日あたりの再生回数 」

…を「回した」のは、どの曲!?

 

 

さて、チャートの前に、川村ケンスケの…

「1分で伝えたい!今日の音楽雑事」

 

【50%じゃだめなんですか…?】

 

つまりは…

野球観戦だと、東京ドーム5,000人の入場規制、

ライブコンサートは、一席おきに座って、総客席数の50%入場制限、

映画館は、現在は前後左右一席開けて、つまりほぼ50%制限だが、でももうそろそろ100%にしたい、とか…(それって大丈夫?と、野球やライブ側から見ると思ってしまう…)。

しかし、これらすべてが「厳格な判断基準がないままにその内容が決められて、それに基づいた規制運用がされている」というのが実態。

 

でも…

野球を例にとると「大声で叫ぶ応援をしなければ…」

そして、

「マスクに加えて例えばフェイスシールド をする」とか、飛沫を防ぐ手立てを厳格にしていけば…

たとえ、隣に人がいても、問題ないはず…そういうふうに、思えます。それくらい「100%の入場」を実現することは「イベント開催」にとっては切実な問題のはず。

 

そしてさらに言えば、

マスク+フェイスシールドなら「選手名を叫ぶ応援」をしても大丈夫、という目標に向けて、感覚的にではなく、ある程度の根拠を示していく、そういうことが大事なはず。そろそろ、そういう考え方をしていくくらい冷静に、コロナウイルスが存在する(もっと言えば、インフルエンザもですが)時代と向き合っていくべきかと。

 

そんなふうに、思った、今日の…

 

 「音楽雑事」!

 

ご静読感謝!… ということで、

 

 

そろそろ今日のチャートをご紹介。

(このチャート決定のルールは、第1位の後に…)

 

 

 

では、始めましょう!

 

おすすめ音楽ビデオ ベストテン 日本版 2020/9/3 (木)。

 

 

 

 

今週の第10位!

www.youtube.com

2020/8/5公開

9/3 12:18 時点での、総視聴回数 17,809回

平均視聴数 593回

sora tob sakana で「untie」。

美しいMVだと思いました!VJ的アプローチ(的な、監督らしいですが…)とはいえ、声や音の展開とマッチしていて、しかも、ピュアな感じがするのはなぜだろう。ここまで「打ち込む」(音楽制作的な言葉を使うとしたら)のは、まあまあ大変ではないか?と思うのだが。にしても…これ、このグループの「ラストアルバム」(!)からの曲らしく!なんと…!

f:id:ksmvintro:20200807011208p:plain

 

 

 

 

 

今週の第9位!

www.youtube.com

2020/8/25 公開

9/3 12:13 時点での、総視聴回数 19,322 回

平均視聴数 1,932回

toconoma で「DeLorean (Official Visualizer)」。

日本ではあまりこの「ビジュアライザー(visualizer)」という言葉は見ませんが…、たまにはあるんすね。

2017年10月のこのブログの記事にて、わたくしとしては初めてこの「visualizer」という言葉をご紹介しております。セレーナ・ゴメスが、ヒット曲「Wolves」で「visualizer」映像を公開していました。

ksmvintro.hatenablog.com

物は言いよう!と思ったものですが…でも、いつも言っていますが「音楽を見せる手段がこのYouTube」だとした時に、最も効率よく、しかも、音楽が伝わる表現方法が、この「ビジュアライザー」じゃないかと、そんな風に思っています!

 

   

 

 

 

今週の第8位!

www.youtube.com

2020/8/12 公開

9/3 12:19 時点での、総視聴回数 60,294回

平均視聴数 2,621回

春野 featuring kojikoji で「Dance At The Moonlight」。

こういうタッチのアニメが大好きなんだよねえ。実写ベースで、ペイントされたような。色のセンスもいいよね。ド派手ではなくスモーキーな感じが。抑えたボーカルの感じとマッチしている。色って、こんな風に決まるよなあ、という好例です!

 

 

 

 

 

             

今週の第7位! 

www.youtube.com

2020/8/4 公開

9/3 12:19 時点での、総視聴回数 87,521回

平均視聴数 2,823 回

META FIVEで「環境と心理」。

ひんやりした手触りの「映像」と「音」。マッチ感が半端ないです。抽象化の極み!CGなのに、妙な「生命感」があるよね。

で、音は、やや「I Saw The Light」なのが気にはなりますが…(笑)この映像をあげときます!

www.youtube.com

 

f:id:ksmvintro:20200813192228j:plain

 

 

 

 

  

            

今週の第6位!  

 

www.youtube.com

2020/8/19公開

9/3 12:20 時点での、総視聴回数 80,555回

平均視聴数 5,034回

羊文学 で「砂漠のきみへ」。

砂漠、っていうお題をもらった時に、スタジオに砂を入れて砂漠!っていう発想、嫌いじゃないです!

「映像そのものが『想像をさせない』ために存在しているという原理があるので、映像は「見る人に想像を促す」事をしない限り、「表現(したい内容)」が、媒体である「映像」を「超える」ことはないわけで…(あ、形而上学的すぎる?)。そういう意味で、まずは、「スタジオに砂!」で正解!(笑)

f:id:ksmvintro:20200827121652p:plain

 

 

 

 

 

                    

今週の第5位! 

www.youtube.com

2020/8/26公開

9/3 12:10 時点での、総視聴回数61,151 回

平均視聴数 6,794回

大森靖子 で「counter culture」。

J-POP、影のフィクサー(と僕は思ってる)大森靖子の「ヴァーティカル(縦型)」MV。エフェクト、とか、映像的に面白そう、とか!そんなふうに思えることだけをただただ連ねた、という、本能系映像が、彼女のキャラにあってると思います。

 

f:id:ksmvintro:20200903122632j:plain

 

 

   

                

今週の第4位!

 

www.youtube.com

2020/8/5 公開

9/3 12:21 時点での、総視聴回数 413,300回

平均視聴数 13,776回

LUCKY TAPES featuring kojikoji で「BLUE」。

出ました!なにも起きないMV!(笑)。いつも言うけれど、こういうほうが「音が聞こえる」…そんな気がしませんか?違うか…。一枚絵が、曲の全てのムードを代弁するわけだから、その決断自体は、すごいことですよね。これはうまく言ってる気がします。

 

 

 

   

     

今週の第3位!

www.youtube.com

2020/8/21公開

9/3 12:06時点での、総視聴回数 337,528回

平均視聴数 22,501回

CHAI/HINDS で「UNITED GIRLS ROCK'N'ROLL CLUB」。

スペイン撮影で仕上げられたMVのようです。海外かぶれとか海外礼賛というわけではないですが、このルーズな感じ、いいね。

音楽に映像が合うとか合わないとか、という観点ではなくできている映像、80年代っすねー!すきです。今のこの時代や技術でこそ、こういうことがイージーに実現できる、そういうことを考えると、ワクワクしますね。

 



          

 

今週の第2位!  

www.youtube.com

2020/8/14公開

9/3 12:21 時点での、総視聴回数 531,994回

平均視聴数 25,333回

阿部真央 で「Be My Love」。

なんで選んだかって?もちろん「ワンカットだから!」(笑)しかも、コロナの世界!な気分が出てる!なんでって?ぜひ見てください。願わくば…最後、引き切って、全身が見えるとこまで行ってほしかったかな…。

  

 

   

 

そして!

2020/9/3(木)おすすめ音楽ビデオ ベストテン!日本版」…

 

 

 

今週の第1位!

 

 

 

 

www.youtube.com

2020/8/21公開

9/3 12:22 時点での、総視聴回数 1,428,641回

平均視聴数 102,045回

あいみょん で「朝陽」。

ディレクターの方、お若いとお見受けいたしますが…この「老成」したトーンを選んでるのは、期待大!(笑)

これが「老成」したトーンだと、その意味がわかってもらえると嬉しいですが…。いまのデジタルの映像と明らかに違うんですよねー。

一瞬「フィルム?16mm?」と思ったが、おそらく、深度の感じからすると、まあ、デジタルにて、カメラマンの方がかなりレンズをこだわったのか…いい感じの「オールドさ」が出ていて、それがこの映像(と音楽)の「ナチュラルさ」をきちんと表現していると思いました。

これ、今の時代にフィルムだったらすごいなあ(笑)。

一点あるとしたら、夕景が曲の最後の方、っていうのは、よくある話ですが、撮り順的に、編集構成されている感じなのかな…そこが、色々工夫されて入れ替わってるといいなあ、と(ついつい、撮った順につないじゃうんだよね)。

 

 

    

…という結果でした!

 

 

あいかわらず、非常に「私的なチャート」ですので…閲覧にご注意(笑)。

 

 

 

なお、このチャートは、日本の音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオで、

  ★『おすすめ音楽ビデオベストテン!』

 を作ってしまおう!という、大それた(笑)企画。

 

 その「ルール」は… 

 

★川村ケンスケ a.k.a.映像大好きkk の YouTubeアカウントに「おすすめ」等々の形で現れた「音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオ」のなかから

 

川村ケンスケ a.k.a.映像大好きkk  視点で選んだ「10曲」の中から…

 

「公開開始日」が、今日から「1ヶ月以内」という条件で(これは、若干伸び縮みします…)

 

★「総視聴数」を「公開されている日数」で割って…公開からの「1日平均の視聴数」を割り出し

 

その数の多い順で、チャートにしたもの!

 

 

…です。

 

総視聴数と、1日あたり視聴数、それらの数字の「印象」の差なんかも、ちょっと感じられて、なかなか面白いチャートです! 

 

 

わたくし、映像大好き a.k.a 川村ケンスケは、2019年は…

www.j-wave.co.jp

に出演しました。

 

そして…同じく2019年2月には、同じくJ-WAVEにて…

「おすすめ音楽ビデオ ベストテン 日本版」! のラジオ番組が、 わたくしのナビゲータで放送されました!嵐や安室奈美恵スカパラのMVの制作秘話も!内容、こちらに再録!

www.waja-next.com

…という意味でも、注目のこのMVチャート。

 

あくまで、冒頭に書いた基準にのっとっており、意見には個人差があるということで。

 

一つの「音楽」「映像」の見方として、捉えていただければ、と、思っています!

 

 

 

BRUTUSさん…サンレコさん…ベストヒットUSAさん…こんな視点のブログ、いいですよね?(自画自賛

 

 …こういう風に、いろんな「観点」から音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオを紹介していく「テレビ番組」とか、もうないしね!かつては、テレ朝系でやってたときのMTVの1時間番組は、そんな感じで、「あー、この音楽ビデオを見たらいいのか!」って、一つの基準になってたなあ、と、思い出しました。

 

そんな気分で、毎回この【おすすめ音楽ビデオ!】を書いています。

 

 

 

  

なお、

 

わたくし「映像大好きkk」は、こういうブログを書くことが専門!というわけではなく、

いろんな種類の映像を作る仕事をしております。

音楽ビデオやCMが主な主戦場ですが、それらをYouTubeのプレイリストにしました。

www.youtube.com

 

お茶やお酒のお供に、ぜひどうぞ。

 

 

そして、

こちらでも、映像にまつわるブログ、書いてます。

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

 

ここでは、映像大好きkk以外に、イケてる大人たちがイケてる記事をどんどんアップしています。

 

ぜひどうぞ!

 

>>>>>>>>>>>

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

映像大好きkkが在籍している、「キャンプサイト」は、

インディーズ音楽の「映像」を専門に「公開」しています。

YouTube : kampsitejp  https://www.youtube.com/?gl=JP

Facebookも。 https://www.facebook.com/kampsite.co.jp/

ホームページはこちら。http://www.kampsite.jp

 

よろしくお願いいたします!

 

>>>>>>>>>>>