音楽ビデオのおすすめ!MV・ミュージックビデオ紹介所!by 川村ケンスケ

映像のプロが、年間 約300曲!の 洋・邦 音楽ビデオ / MV / PV / ミュージック・ビデオを紹介。 全て「おすすめ映像」です! ブックマークしてね。

第800回【おすすめ音楽ビデオ!】…の洋楽版 ベストテン! 2021/9/15(水)のチャート。今週は… LISA、Courtney Barnett の2曲が登場。そして今週の「Music Video of This Week!」は!?

YouTubeの再生回数から決定

おすすめ音楽ビデオ!洋楽版ベストテン です。

 

 

 

今週は… LISA、Courtney Barnett の2曲が登場。

 

 

そして!

 

今週最高数の「1日平均の再生回数」は… 23,652,017 回! 

果たして、その曲は何?

 

 

 

このベストテン決定の「ルール」はブログの最後に…気になる方はそちらをどうぞ!

 

 

では、まず…

 

今週の「Music Video of This Week」!

は…

 

 

これにするしかないかも、的な…

 

 

LISA で「LALISA」。

www.youtube.com

2021/9/10 公開

9/15 13:37 時点での、総視聴回数 141,912,107回

平均視聴数  23,652,017 回

いよいよ本格的に始まった、BTSに次ぐ、アメリカへのインヴェイジョン。

ということで、アメリカのテレビショーなんかで公開されたこの「LALISA」のライブパフォーマンス等の映像をおおよそ見ましたが、すべてこのMVの「いいところを抜き出し」た感じで、イメージ戦略が強力にできています。

www.youtube.com

 

ハナシを戻して…

 

この「LALISA」MVの特徴は…

 

★LISAが正面を向いて、画面のセンターにいる、という画面構成の絵が、全体の9割を占めている…

(という印象を持ちました)

というトコロ。

 

 

これ、映像の「構成・編集」としては「単調で幼い」感じなのですが…

いわばK-POPのMVのトレンドをみるかぎり、そういう画面構成でできているものも多く、この「LALISA」は、いわばその頂点的な(かかっている制作費的に)ものに仕上がっています。

 

 

手近なところで、例えばこのTWICEのMVにも、そのような「構造」が見て取れます。

www.youtube.com

 

これがアメリ

(で、かつ、予算をかけ始めると)

だと、もうちょっと「いろんなアングル」を入れてくる

(もしくは、いろんなアングルにならないように舞台設定を決め込んで、正面から撮らざるを得ない構造にする)

のですが…

 

 

色んなアングルを入れた一例

(というか、一方でこれぞ「MV」!な作り、なのですが)

として、これ…

www.youtube.com

…もちろん、ドラマ仕立てであるという意味で、こうなってくるのですが。

 

 

 

で、撮影の場所を限定したMVの好例はこれ…

(公開中の映画「プロミシング・ヤング・ウーマン」で再注目!のこの曲です!)

www.youtube.com

(狭い)飛行機内ということで、

スチュワーデス(古い言い方?)に扮したブリトニーを撮るとしたら…

どうしても「正面が多めのアングル」を選ばざるを得ない。

 

そんな中でも、ディレクターは「ドラマ感」を作るために「いろんなアングル・いろんな出来事」を準備して、映像構成をしています。

 

 

いや、そもそも「色んな方向からを狙う・いろんなアングルを作る」ということそれ自体が

(ドラマ的筋立てがはっきり存在していなくても)

映像ツクリの基本。

 

 

その「アングル」というものを「一方向に限定する」というのは…

おそらく「ファッションフォト」的撮影の手法と思います。

 

映像系ではなく、グラフィックデザイナーやデザイナー、スチルのカメラマンがディレクションをした際に、そうなりがちです。

 

一例が、このブログでよく取り上げるこれ…(画質、悪!…涙)

www.youtube.com

フォトグラファーのジャン・バプティスト・モンディーノの作品。

そのモンディーノでは、これもその類として必見…

www.youtube.com

 

 

そして…

www.youtube.com

デザイナーのジャン・ポール・ゴルティエが、自らの曲のMVを作るとこうなります。要は「一枚の絵を作る・画面構成(コンポジション)を重視する」ということなんですね。

 

 

ハナシは戻って…

 

「LALISA」の場合は、

「画面構成を重視しつつ、カメラは、前後に動くことで『動画』感を担保する」

ということなんでしょうね!K-POPは、この数年その方向を追求してきた

(無意識に、だと思うが…)

とも、思います。

 

 

と、

改めて色んなことを考えさせられた、ということで、このMVを…

 

 

今週の「Music Video of This Week!」とさせていただきます。

 

 

 

 

 

…さて、チャートに入る前に…

過去の記事紹介コーナー!

 

 

 

1年前の 2020/9/16 のチャート。

ザ・アヴァランチズのMVの、異様な、そして、だからこそ美しい…その映像に驚愕した日。

ksmvintro.hatenablog.com


 

 

2年前の 2019/9/18 のチャートはこちら。

ビリー・アイリッシュの「All the good girls go to hell」を、2019年の最高傑作と断じているのを改めて確認。

ksmvintro.hatenablog.com



 

3年前、2018/9/19 のチャートはこれ!

金髪のデュア・リパが見れます(笑)。

ksmvintro.hatenablog.com


 

  

4年前の 2017/9/15 は、まだこのチャートをやってなかった頃…

しかし「毎日毎日!」新たな記事を書いていました。

その日の記事はこちら!

レディオヘッドのMVが、何とも不穏で良い!と言っています。見ている僕らの側が「追い込まれる感じ」とまで…。

ksmvintro.hatenablog.com



  

 

以上、その他過去記事もぜひ一度ご覧あれ!

なんか、時の流れを感じるなあ…。

 

 

 

では、

 

おすすめ音楽ビデオベストテン 洋楽編。

2021/9/15(水)です!

 

 

 

 

第10位! 

Magdalena Bay で「Chaeri(Japanese Translation)」。

www.youtube.com

2021/9/8 公開

9/15 14:20 時点での、総視聴回数 3,920回

平均視聴数 490 回

 

 

  

   

第9位! 

St. Vincent で「Daddy's Home」。

www.youtube.com

2021/8/20 公開

9/15 14:21 時点での、総視聴回数 84,692回

平均視聴数  3,136回

トラック or トレーラーの後ろに乗って…というのが、MVでは、比較的定番ネタとして存在していますが、久々、それが登場です。画質は今流行りの「アナログ・テイスト」。普通の「トレーラーネタ」と違うのは、その「アピールに対して」誰も「乗ってこない」恐ろしさとか不気味さを表現している点で、そういう意味で St. Vincent ぽい!

f:id:ksmvintro:20210824121318j:plain

類似MVをいくつか…

似たセッティングで、Vanessa Carton  "A Thousand Miles"

www.youtube.com

 

アングル違いで、Bjork  "Big Time Sensuality"

www.youtube.com

 

 

 

      

第8位! 

Miles Kane で「Don't Let It get You Down」。

www.youtube.com

2021/8/24 公開

9/15 14:20 時点での、総視聴回数 98,640回

平均視聴数  4,288 回

こんな雰囲気を、絵も、音も、醸し出せるアーティストがまだいたとは!イギリスって、奥が深いなあ。超スタイリッシュだと思うのです。

 

 

 

    

第7位!

Duran Duran で「Anniversary [Visualiser]」。

www.youtube.com

2021/8/31 公開

9/15 14:23 時点での、総視聴回数 163,323回

平均視聴数  10,207 回

映像的には、紹介することないほどのものなんですが…音が!まさしく「デュラン・デュラン」!だったので、つい…

これ、映像はさておき(笑)必聴です!

 

 

 

      

第6位! 

Courtney Barnett で「Before You Gotta Go」。

www.youtube.com

2021/9/814公開

9/15 14:10 時点での、総視聴回数 22,700 回

平均視聴数 11,350 回

音を録る、という行為の映像が大好きです!

 

そこで、私の作品ながら、そういうカットをたくさん入れ込んだ作品を紹介。

GOING UNDERGROUNDで「ランブル」

(ゴトゴト音を立てる、という意味の言葉でもあります)。

www.youtube.com

 

 

 

      

第5位!

再生回数上昇中!

Sigrid で「Burning Bridges」。

www.youtube.com

2021/9/3 公開

9/15 14:22 時点での、総視聴回数 516,605回

(前週は 52,819 回)

平均視聴数  39,738回

(前週は 8,803 回)

 

 

 

 

第4位!

Jorja Smith で「Time」。

www.youtube.com

2021/8/28 公開

9/15 14:24 時点での、総視聴回数 958,548回

平均視聴数  50,449 回

今のビデオだけど、過去の作品みたい、というタイムマシン的なムードをうまく作っています。

フィルム・テイストや、8ミリ・ビデオ、日付表示など、いやらしくなくさりげなく入れ込んでいるところがミソ(ほんとはオール・デジタル?最近そこがもうわからない…涙)。

 

 

 

  

第3位!

Little Simz featuring Obongiayar で「Point And Kill」。

www.youtube.com

2021/9/3 公開

9/15 14:24 時点での、総視聴回数 954,499回

平均視聴数  73,423 回

まずは、トーンに注目。

やはり「黒い肌」には「暗部がブルー系」のカラコレが良し!は事実だ!

2:00あたりの「布の隙間から見えるロバ?馬」の顔のカットは秀逸。

後半のパーティー・シーンは、ジャネット・ジャクソンの…

www.youtube.com

「Got TIll It's Gone」を彷彿とさせる。

ブラスセクションが入ってくる瞬間の、そのカットのクールさも最高。

最後の、3:55からのカット…

このビデオで言いたかったことの全てを集約したような、ムービング・スチル(って言葉があるかどうかはわかりませんが)が、最高です!

f:id:ksmvintro:20210908133512j:plain

 

 

 

 

 

第2位!

Charli XCX で「Good Ones」。

www.youtube.com

2021/9/3 公開

9/15 14:25 時点での、総視聴回数 3,023,484回

平均視聴数  231,729 回

 

   

というわけで…   

 

  

2021/9/15(水)おすすめ音楽ビデオベストテン!

 

今週の第1位は…! 

 

LISA で「LALISA」。

www.youtube.com

2021/9/10 公開

9/15 13:37 時点での、総視聴回数 141,912,107回

平均視聴数  23,652,017 回

いよいよ本格的に始まった、BTSに次ぐ、アメリカへのインヴェイジョン。

ということで、アメリカのテレビショーなんかで公開されたこの「LALISA」のライブパフォーマンス等の映像をおおよそ見ましたが、すべてこのMVの「いいところを抜き出し」た感じで、イメージ戦略が強力にできています。

www.youtube.com

 

ハナシを戻して…

 

この「LALISA」MVの特徴は…

 

★LISAが正面を向いて、画面のセンターにいる、という画面構成の絵が、全体の9割を占めている…

(という印象を持ちました)

というトコロ。

 

 

これ、映像の「構成・編集」としては「単調で幼い」感じなのですが…

いわばK-POPのMVのトレンドをみるかぎり、そういう画面構成でできているものも多く、この「LALISA」は、いわばその頂点的な(かかっている制作費的に)ものに仕上がっています。

 

 

手近なところで、例えばこのTWICEのMVにも、そのような「構造」が見て取れます。

www.youtube.com

 

これがアメリ

(で、かつ、予算をかけ始めると)

だと、もうちょっと「いろんなアングル」を入れてくる

(もしくは、いろんなアングルにならないように舞台設定を決め込んで、正面から撮らざるを得ない構造にする)

のですが…

 

 

色んなアングルを入れた一例

(というか、一方でこれぞ「MV」!な作り、なのですが)

として、これ…

www.youtube.com

…もちろん、ドラマ仕立てであるという意味で、こうなってくるのですが。

 

 

 

で、撮影の場所を限定したMVの好例はこれ…

(公開中の映画「プロミシング・ヤング・ウーマン」で再注目!のこの曲です!)

www.youtube.com

(狭い)飛行機内ということで、

スチュワーデス(古い言い方?)に扮したブリトニーを撮るとしたら…

どうしても「正面が多めのアングル」を選ばざるを得ない。

 

そんな中でも、ディレクターは「ドラマ感」を作るために「いろんなアングル・いろんな出来事」を準備して、映像構成をしています。

 

 

いや、そもそも「色んな方向からを狙う・いろんなアングルを作る」ということそれ自体が

(ドラマ的筋立てがはっきり存在していなくても)

映像ツクリの基本。

 

 

その「アングル」というものを「一方向に限定する」というのは…

おそらく「ファッションフォト」的撮影の手法と思います。

 

映像系ではなく、グラフィックデザイナーやデザイナー、スチルのカメラマンがディレクションをした際に、そうなりがちです。

 

一例が、このブログでよく取り上げるこれ…(画質、悪!…涙)

www.youtube.com

フォトグラファーのジャン・バプティスト・モンディーノの作品。

そのモンディーノでは、これもその類として必見…

www.youtube.com

 

 

そして…

www.youtube.com

デザイナーのジャン・ポール・ゴルティエが、自らの曲のMVを作るとこうなります。要は「一枚の絵を作る・画面構成(コンポジション)を重視する」ということなんですね。

 

 

ハナシは戻って…

 

「LALISA」の場合は、

「画面構成を重視しつつ、カメラは、前後に動くことで『動画』感を担保する」

ということなんでしょうね!K-POPは、この数年その方向を追求してきた

(無意識に、だと思うが…)

とも、思います。

f:id:ksmvintro:20210915143000j:plain



 

          

…という結果に!!!  

 

  
いかがでしたでしょうか?

 

 

  

このベストテン決定の「ルール」は… 

 

★わたくし、川村ケンスケ a.k.a.映像大好きkk YouTubeアカウントに「おすすめ」等々の形で現れた

「音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオ」や「映像」のなかから、

 

「公開日」が「1ヶ月以内」で(これは、若干伸び縮みします…)という条件で、

 

川村ケンスケ a.k.a.映像大好きkk の視点で「10曲」

を選び、

 

★「総視聴数」を「公開されている日数」で割って…

公開からの「1日平均の視聴数」を割り出し、

 

★その「平均視聴数」の多い順で、チャートにしたもの!

 

です!

 

音楽もさることながら「映像的に、ぐっとくるもの、あたらしいもの」という視点で、選んでいます。

なお、

「再生回数上昇中!」は、

この曲が、今週の平均再生回数が、前週のそれより多くなった曲…すなわち、回数が伸びている!という判断で、この表記をつけます。

 

 

 

なお、

 

わたくし「映像大好きkk」は、こういうブログを書くことが専門!というわけではなく、

いろんな種類の映像を作る仕事をしております。

音楽ビデオやCMが主な主戦場ですが、それらをYouTubeのプレイリストにしました。

www.youtube.com

 

お茶やお酒のお供に、ぜひどうぞ。

 

そして、

こちらでも、映像にまつわるブログ、書いてます。

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

 

ここでは、映像大好きkk以外に、イケてる大人たちがイケてる記事をどんどんアップしています。

 

ぜひどうぞ!

 

>>>>>>>>>>>

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

映像大好きkkが在籍している、「キャンプサイト」は、

インディーズ音楽の「映像」を専門に「公開」「制作」しています。

YouTube : kampsitejp  https://www.youtube.com/?gl=JP

Facebookも。 https://www.facebook.com/kampsite.co.jp/

ホームページはこちら。http://www.kampsite.jp

 

よろしくお願いいたします!

 

>>>>>>>>>>>