音楽ビデオのおすすめ!MV・ミュージックビデオ紹介所!by 川村ケンスケ

映像のプロが、年間 約300曲!の 洋・邦 音楽ビデオ / MV / PV / ミュージック・ビデオを紹介。 全て「おすすめ映像」です! ブックマークしてね。

第809回【おすすめ音楽ビデオ!】「おすすめ音楽ビデオ ベストテン 日本版」2021年10月14日(木)。今週は、柊キライ、Awich、DAN の3曲が登場!第一位の「1日の平均再生回数」は、88,663回!

おすすめ音楽ビデオ

ベストテン 日本版!

 

 

今週は、柊キライ、Awich、DAN の3曲が登場!

 

  

 

第1位の曲は…

88,663 回という1日あたりの再生回数 」。

それは、どの曲!?

 

 

…ちなみに、

 

  
1年前の 2020/10/16 のチャートはこうでした!

のん の、MVが、動くCDジャケット!のクオリティで驚いた日。

ksmvintro.hatenablog.com



 

 

2年前の 2019/10/17 のチャートはこうでした!

星野源のMVを取り上げることはなぜか少ないのですが、kの日に取り上げている彼のMVは、かなりいい!と言っています。

ksmvintro.hatenablog.com

   

 

 

…そして、3年前の2018/10/18 のチャートはこれ!

矢野顕子YUKIのMVが、相当「ドラッギー」に感じられていたようです(笑)。

ksmvintro.hatenablog.com

 

 

 

4年前の 2017/10/14、チャート形式ではなかったのですが…その日の記事もどうぞ!

ゲスの極み乙女。「あなたには負けない」MVの舞台裏と、マンチェスターのデュオ・ハーツのMVのセンスの良さ、について、書いています。

ksmvintro.hatenablog.com


 

 

ということで、お待たせしました…では、始めましょう!

 

  

 

おすすめ音楽ビデオ ベストテン 日本版 2021/10/14(木)。

 

 

 

今週の第10位!

CAPSULE で「Get Down(2021 Remaster)」

www.youtube.com

2021/10/5 公開

10/14 12:44 時点での、総視聴回数 5,263回

平均視聴数  526 回

出ました!最近のCAPSULEのMV!シリーズ。ドット絵でちょい動く、それが、この音と完全マッチなセンスが最高です。右手前の「コントローラを操っている手」が、いいですね!最後に、ゲームが終わって、その「手」が、画面からいなくなるといいなあ(この映像が「完結する」という表現の立場として、ですが)。

 

 

 

 

 

今週の第9位!

DAN [featuring Takumi  (MIRRROR)/tamanaramen で「The Encounters」

www.youtube.com

2021/10/6 公開

10/14 12:42 時点での、総視聴回数 11,833 回

平均視聴数  1,314 回

今風!微妙に古いCGのテイストがグッとくる。それだけでアートな雰囲気なのと、FPS的な動きも、我々を音楽の世界に没入させる手法として、アリなのだな、と再発見でした。ナイス!

 

 

 

 

今週の第8位!

ポルカドットスティングレイ で「ダイバー」

www.youtube.com

2021/9/15 公開

10/14 12:46 時点での、総視聴回数 198,057回

平均視聴数  6,601 回

普通の演奏シーンというMVは撮らない、というポルカ(と、J-WAVE SPARKで、雫さんが言っていた)、「ん?演奏じゃん」と思いきや実は…「戦うポルカ!」(笑)。そして、勝ったのか?と思いきや、実はそうでもない?みたいな。なかなか面白い…前作の「青い」よりいい!(笑)。

ちなみに、毎週火曜「SPARK」ポルカドットスティングレイの雫さんの日、聴いてます(笑)。

f:id:ksmvintro:20210930194436j:plain

 

 

 

 

                

今週の第7位!

MIYAVI で「New Gravity」

www.youtube.com

2021/9/15 公開

10/14 12:45 時点での、総視聴回数 198,409回

平均視聴数  6,613 回

ゲームがモチーフですが、そのゲームが「アーケード」であることがいいね!やはりゲームは現場で(どこが現場?)と思う派閥&世代なので、この設定にぐっときます。エフェクトの雰囲気や、それから感じられる「ゲーム世界へ没入・溶け込んでいく感じ」も伝わってきますね!

 

 

 

 

            

今週の第6位!

みゆな で「神様」

www.youtube.com

2021/9/29 公開

10/14 12:45 時点での、総視聴回数 113,640 回

平均視聴数  7,102 回

このMVのポイントは、テレビがいわゆる「4:3…古いテレビ」なこと。そのことが、バックトラックの音像は「今風なのに」、歌が「レトロ」であることと、妙にマッチしているのでは?あと、陰の部分が多い映像の設計も、いいですね。音のテンションと、映像のテンションがマッチする瞬間があるともっとよかったかも!ですね。

 

 

 

 

                    

今週の第5位!

木村拓哉 で「MOJO DRIVE Making Short Ver.」

www.youtube.com

2021/10/4 公開

10/14 12:47 時点での、総視聴回数 95,716回

平均視聴数 8,701 回

木村拓哉、メイキングでも、本編くらいかっこいい!(スター、なのですね、やはり)。

2nd ソロアルバムも、期待できそう。早くM本編が見たいものです。

f:id:ksmvintro:20211007120520j:plain

 

 

 

 

今週の第4位!  

Wurts で「BOY MEETS  GIRL」

www.youtube.com

2021/9/29 公開

10/14 12:47点での、総視聴回数 323,411回

平均視聴数 20,213 回

縦画面(Google 的にはportrait と言いますが)の良さを分かってる!文字の入れ具合で、縦画面がファッショナブルになることを分かってる!なんでもない映像も、2021年の今の感覚だと、この縦型で「動画から、グラフィカルなムービー」へと変貌することを、分かってる!

 

              

 

     

今週の第3位!

柊キライ featuring flowere with. GABURI で「ハイド&ハイド」

www.youtube.com

2021/10/6 公開

10/14 12:34 時点での、総視聴回数 252,550 回

平均視聴数  28,061 回

柊キライさんは、いつもいい映像を見せてくれますが、この「ちょっと昔…80年代?…のマンガ」風な作風は、僕的には「アリ!」。静止画中心なのも、今っぽい。僕がブログを書き始めた2017年くらいからの「トレンド」を、ブログを再読していただいて見直すと、このMVの作風が「今の」「新しい」流れ、であることは、理解できるんでは無いでしょうか?

 

 

 

 

今週の第2位!

Travis Japan で「BIG BANG BOY」

www.youtube.com

2021/9/17 公開

10/14 12:48 時点での、総視聴回数 1,580,261回

平均視聴数  56,437 回

これまでの日本の「アイドルもしくはダンスグループ」と違う感触…それは、カメラの動きかもしれません。

グループ(集団)ショット同士をつなぐ/カメラが「一番近づいて、そこから折り返して引いていく」その間のシーンもそのまま使う…これまで「映像作りの基本として、忌避してきた…いいかえれば「タブー」的に捉えられてきた編集が、なんのてらいもなく行われている。

いわばそれがK-POPのMVだったわけですが、いよいよ本格的にその方針に入っていっている。変わっていくのですね、スタンダードは…。

f:id:ksmvintro:20210923123751j:plain

 

 

   

 

そして!

2021/10/14(木) おすすめ音楽ビデオ ベストテン!日本版」…

 

 

 

今週の第1位!

 

 

Awich Prod. ZOT on the WAVEで「口に出して」

www.youtube.com

2021/10/11 公開

10/14 12:36 時点での、総視聴回数 354,653 回

平均視聴数  88,663 回

ニュース番組のスタイルであることは、面白いかもです。マキタ・スポーツさんがアンカーであることで、その効果は半減(つまり、これが「ニュース番組のパロディであるということがネタバレ」であるという意味で)ですが。ニュースキャスターに見える人がやるべきだと、思いましたが、アプローチは良いと思います!全てはそこにかかっているのですが、そこから本編へ行った際に、アーティスト本人が「番組内衣装のまま」でつっきってくれると、尚よかったかな(これは趣味。笑)!ニュース番組設定と、本編が乖離している気がしたのが、残念!ということですね。

f:id:ksmvintro:20211014125320j:plain



 

    

…という結果でした!

 

 

あいかわらず、非常に「私的なチャート」ですので…閲覧にご注意(笑)。

 

 

 

なお、このチャートは、日本の音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオで、

  ★『おすすめ音楽ビデオベストテン!』

 を作ってしまおう!という、大それた(笑)企画。

 

 その「ルール」は… 

 

★川村ケンスケ a.k.a.映像大好きkk の YouTubeアカウントに「おすすめ」等々の形で現れた「音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオ」のなかから

 

川村ケンスケ a.k.a.映像大好きkk  視点で選んだ「10曲」の中から…

 

「公開開始日」が、今日から「1ヶ月以内」という条件で(これは、若干伸び縮みします…)

 

★「総視聴数」を「公開されている日数」で割って…公開からの「1日平均の視聴数」を割り出し

 

その数の多い順で、チャートにしたもの!

 

 

…です。

 

総視聴数と、1日あたり視聴数、それらの数字の「印象」の差なんかも、ちょっと感じられて、なかなか面白いチャートです! 

 

 

わたくし、映像大好き a.k.a 川村ケンスケは、2019年は…

www.j-wave.co.jp

に出演しました。

 

そして…同じく2019年2月には、同じくJ-WAVEにて…

「おすすめ音楽ビデオ ベストテン 日本版」! のラジオ番組が、 わたくしのナビゲータで放送されました!嵐や安室奈美恵スカパラのMVの制作秘話も!内容、こちらに再録!

www.waja-next.com

…という意味でも、注目のこのMVチャート。

 

あくまで、冒頭に書いた基準にのっとっており、意見には個人差があるということで。

 

一つの「音楽」「映像」の見方として、捉えていただければ、と、思っています!

 

 

 

BRUTUSさん…サンレコさん…ベストヒットUSAさん…こんな視点のブログ、いいですよね?(自画自賛

 

 …こういう風に、いろんな「観点」から音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオを紹介していく「テレビ番組」とか、もうないしね!かつては、テレ朝系でやってたときのMTVの1時間番組は、そんな感じで、「あー、この音楽ビデオを見たらいいのか!」って、一つの基準になってたなあ、と、思い出しました。

 

そんな気分で、毎回この【おすすめ音楽ビデオ!】を書いています。

 

 

 

  

なお、

 

わたくし「映像大好きkk」は、こういうブログを書くことが専門!というわけではなく、

いろんな種類の映像を作る仕事をしております。

音楽ビデオやCMが主な主戦場ですが、それらをYouTubeのプレイリストにしました。

www.youtube.com

 

お茶やお酒のお供に、ぜひどうぞ。

 

 

そして、

こちらでも、映像にまつわるブログ、書いてます。

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

 

ここでは、映像大好きkk以外に、イケてる大人たちがイケてる記事をどんどんアップしています。

 

ぜひどうぞ!

 

>>>>>>>>>>>

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

映像大好きkkが在籍している、「キャンプサイト」は、

インディーズ音楽の「映像」を専門に「公開」しています。

YouTube : kampsitejp  https://www.youtube.com/?gl=JP

Facebookも。 https://www.facebook.com/kampsite.co.jp/

ホームページはこちら。http://www.kampsite.jp

 

よろしくお願いいたします!

 

>>>>>>>>>>>