読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽ビデオのおすすめ! MVと、映像の紹介所。キャンプサイトがお届け。  

かっこいい音楽ビデオ! 映像のプロが、音楽ビデオ / MV / PV / ミュージック・ビデオ等々から、全ての映像を「おすすめ」。ブックマークしてね。

第83回【おすすめ音楽ビデオ!】電気グルーブ 最新作とその音楽ビデオ、登場。これはいいのか悪いのか(そんなことばっかり言ってますが)、今の時代、音楽ビデオってこんなもんでしょう?っていう彼らなりの(もしくは田中秀幸さんの)マニフェストなのか?(それなら賛成!)

電気グルーブの新作「トロピカル・ラブ」の表題曲、「トロピカル・ラブ」の音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオ、が出てきた!

f:id:ksmvintro:20170215011646j:plain

 

電気グルーブ、知らない人がいるかどうかはさておき、こんな人たち、ということは一応。 

電気グルーヴ - Wikipedia

 

そして、これが問題の、電気グルーブ最新音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオ…

www.youtube.com

いつもの、田中秀幸さんが監督らしいです。

 

でしょうねー。

微妙に音にシンクロしているのが、なんともはや、ムズムズする感じ。

 

困っちゃうなーこういうの。

この音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオ、どう思う?っていうことを、言わせない感じ。

 

どう考えても、良いと思えないことが、良いと思えてしまう魔力、が、音と相まって、ぷんぷんと滲み出てきている感じ。

 

そもそも、音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオって、どんなふうであるのか?と、問う、みたいな。

 

たまに、このブログで「この音楽ビデオよくないねー」って書くときは、その音楽ビデオが、「音楽ビデオのあり方、フォーマット、決まった作り方に、縛られている」と、思うときなのですが(フォーマットにのっとっていても、その入れ物としてのフォーマットを飛び出るぐらいの「クオリティ」に満たされている場合は、その限りではない)。

 

通常の場合、「作り方に縛られている場合」の音楽ビデオは、クオリティが高くない(平たく言うと『面白くない』)場合が多いです。

 

逆の例ですが、

www.youtube.com

これは、ある意味、

「音楽ビデオのフォーマット」に「びっちりはまっている」のですが、クオリティが高いことで、現状では「その枠」を「突破している」わけなのです。

 

いいビデオだと、そう、認めざるを得ない!ですね!

 

なので、これは「面白い!」と思う領域に入るのです。

 

しかし、

この三代目…くらいまでたどりつかないままに、「音楽ビデオの通常の作り方をしている」場合は、ちっとも面白くない音楽ビデオになってしまうのです。 

 

 

そんなとき、この「トロピカル・ラブ」を見ると、脱力してしまう、というか、

 

音楽ビデオって、これでも確かにいいかもしれない…!と、思えてしまうのです。

 

あえて、その「セン」を狙っている、という、その「意図」。

 

それが、ビデオの表現として成功している。

 

非常に高度な表現(と、当人たちが思っているかどうかは置いておいて)に、「避け難く」なってしまっているのです。

 

違うかな…。

 

そもそも僕は、こういう「ナンセンス」(って言ったら身も蓋もないですが)がすきなのかもね。

 

でも、意味ないものに、意味を見出す、それが「アート」なのではないか、と、思ってしまうのです。

 

そういう「深読み」も、See Your Music!から見いだせることなのですよ!と、声を大にして言いたい!

 

では!

 

 

>>>>>>>>>>>

お読みいただき、ありがとうございました!

キャンプサイトはインディーズ音楽の「映像」を専門に「公開」「制作」しています。

YouTube : kampsitejp  https://www.youtube.com/?gl=JP

Facebookも。 https://www.facebook.com/kampsite.co.jp/

ホームページはこちら。http://www.kampsite.jp

このブログでも書いてます。『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

>>>>>>>>>>>