音楽ビデオのおすすめ! MVと、映像の紹介所。キャンプサイトがお届け。  

かっこいい音楽ビデオ! 映像のプロが、音楽ビデオ / MV / PV / ミュージック・ビデオ等々から、全ての映像を「おすすめ」。ブックマークしてね。

第82回【おすすめ音楽ビデオ!】Samphaというアーティストの、クワイエットな音楽と音楽ビデオ!今、注目のバンド、The xx につながりあったんですね!からの、デジタルで撮るか?フィルムで撮影するか?は、いまだからこそ大きな問題!というおはなし。

Samphaというイギリスのアーティストの「音」と「音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオ」が、クワイエットで、なかなかいい感じです!おすすめ!

f:id:ksmvintro:20170214015611j:plain

Sampha(サンファ)と、読みますね。こんな人です。

サンファ - Wikipedia

www.youtube.com

ピアノで弾き語ったりもできるし、PCを使って作曲(Cubaseを使ってる、とも、本人は語っているようです)もするけど、

このビデオで見る限り、この弾き語り感がいい感じですね。

しかもタイトルが、

"(No One Knows Me)Like The Piano"っていう…。「まるでピアノのように(誰も僕のことを知らない)」…ちょっと切ないけど、静かな熱みたいなものを感じるタイトルでもある気がします。

0:30ころから、最後まで出てくる女性が、ピアノ、なのか、

女性にとっての、Samphaさんが、ピアノ、なのか…。

 

なんといっても、この柔らかいトーン!(こういうの、日本になんでないのかなー)含め、とても素敵な音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオ、です。おすすめ!

 

もちろん、音もです!

 

このSamphaさん、去年の暮に、The xx(ザ・エックスエックス)のライブにもゲストで出演して来日してたんですね!

 

実はこのThe xx(ザ・エックスエックス)にも、注目なのですが。The xx(ザ・エックスエックス)とは!

https://ja.wikipedia.org/wiki/ザ・エックス・エックス のプロフィール。

f:id:ksmvintro:20170130101848j:plain

 

某ブログでも紹介しましたが、

こちらが、今大ヒット中の「On Hold」の音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオ。

www.youtube.com

なお、この「音」には、

www.youtube.com

を「引用」してますね。このあたりの「時代との距離感」もいいのでしょうね!

80年代どっぷりな人には、その「引用」が、すでにやられてしまう要素になることでしょう!

 

で、このThe xx、

www.dior.com

昨年の夏のDior Hommeのキャンペーンに登場していたのが、The xx のフロントマン(ゲイであることをカミングアウトしています)、オリヴァー・シムさんだったのですね。

f:id:ksmvintro:20170130103004j:plain

かっこいいっすね。

 

そして、このブログは、音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオ、のおすすめ、そして、映像制作者に向けてのブログなので、

やはり、「On Hold」の音楽ビデオ的な話をば。

 

この「On Hold」の音楽ビデオについては、1/29放送の<J-WAVE TOKIO  HOT 100>に登場した The xxのインタビューで語られていまして、、「アメリカはテキサス」で撮影されたそうです。ご本人たちは、テキサスがたいそう気に入っていたようです!

 

このように、

なんでもないビデオ、って言えばなんでもないビデオなんですが…

f:id:ksmvintro:20170130103532j:plain

んん?

f:id:ksmvintro:20170130103625j:plain

これは…?

f:id:ksmvintro:20170130103708p:plain

もしかして…!

 

…と、

気になって、YouTubeで大画面で見てみたら…

どうやら、フィルムで撮ってますね!しかも16ミリフィルムかと…(ちょっと確信度低し!ですが…)。

 

フィルムとデジタル撮影の件に関しては、わたくしが書きましたこちらのブログもどうぞ!

第65回【おすすめ音楽ビデオ!】スター・ウォーズは、フィルムで撮られる? では、音楽ビデオ…フィルムで撮るか、デジタルビデオで撮るか? 映像制作者、必読ながら、このことに選択肢はある?からの、いろんな音楽ビデオを紹介! - 音楽ビデオのおすすめ! MVと、映像の紹介所。キャンプサイトがお届け。

 

デジタルとは違う「甘さ」がある映像。しかし、フィルムとはいっても、35ミリほどの解像度はない…35ミリだと、もっと「背景」が「ぼけたり」できる/「ぼける」、のですが、16ミリだと、そうはならない感じ。色も、比較的素直に撮ったままの感じが16ミリっぽい、ということで。

 

「On Hold」は、内容がそれほどでも、なのですが、

フィルムの感じを活かすと、それだけで「作品」感が出るという、映像のマジックが展開されている、センスのいいものに仕上がっています。

 

いいなあ。

 

フィルムだと、撮れる「分量」が、フィルムの所有分だけ(準備分だけ)に限定される(もちろん、撮影中にフィルム屋さん…Kodakとかに連絡すれば、持ってきてはくれますが…)ので、やたらめったら「撮らない感じになる」のですよねー。

 

それが、良かったりする。

 

別に気合が入るとかそういうのではないですが、「フィルムが回ることが、巻戻せない時間を過ごすことと、同期する気がして」、それが映像の価値になって出てくる、ということが、起こる気がするのです。

 

映像制作者のロマン、ってやつですね。

 

そんな観点の See Your Music!も、いいじゃないですか!

 

フィルム撮影、応援!

 

 

>>>>>>>>>>>

お読みいただき、ありがとうございました!

キャンプサイトはインディーズ音楽の「映像」を専門に「公開」「制作」しています。

YouTube : kampsitejp  https://www.youtube.com/?gl=JP

Facebookも。 https://www.facebook.com/kampsite.co.jp/

ホームページはこちら。http://www.kampsite.jp

このブログでも書いてます。『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

>>>>>>>>>>>