音楽ビデオのおすすめ!MV・ミュージックビデオ紹介所!by 川村ケンスケ

映像のプロが、年間 約300曲!の 洋・邦 音楽ビデオ / MV / PV / ミュージック・ビデオを紹介。 全て「おすすめ映像」です! ブックマークしてね。

第743回【おすすめ音楽ビデオ!】…の洋楽版 ベストテン! 2021/3/3(水)のチャート。今週は… Ashe & FINNEAS の1曲が登場。そして今週の「Music Video of This Week!」は、ワンカット撮影の困難さを乗り越えてできた最高に美しい映像、とその背景を語れた曲をセレクト!

YouTubeの再生回数から決定

おすすめ音楽ビデオ!洋楽版ベストテン です。

 

 

 

今週は… Ashe & FINNEAS の1曲が登場。

 

 

そして!

 

今週最高数の「1日平均の再生回数」は… 1,295,761 回! 

果たして、その曲は?

 

 

 

このベストテン決定の「ルール」はブログの最後に…気になる方はそちらをどうぞ!

 

 

 

では、まず…

 

 

 

今週の「Music Video of This Week」!

 

  

Ashe & FINNEAS で「Till Forever Falls Apart」。

www.youtube.com

2021/3/3 公開

3/3 19:36 時点での、総視聴回数 298,339回 

平均視聴数 298,339 回

この撮影は難しい!

ポストプロダクション(映像の後処理作業のこと)で、映像の明るさを精密に調整しているとは思うが…。

楽曲の長さである「4分」の間に、周りの「明るさ」がどんどん変わっていく時間帯…でも、この微妙な時間帯は「マジックアワー」と呼ばれる…

太陽の高さが低くなっていき、やがては地平線に沈もうとする時間帯、その低い位置にある太陽空の光が「空に反射」し、その、空全体に反射した光が、地上のあらゆる方向柔らかく「照らし」、その光が空間を柔らかく包む…

その様な時間帯を狙って撮影されています。

 

先ほど書いた「ポストプロダクション」で、ある程度調整可能とは言え、この作品で表現されている「光の感じ」は、この瞬間しか「存在」しない。

30分前には違う「光」で、30分後にまた違う「光」になっている。

どの「4分」を切り取るか?つまり、太陽が沈もうとする前の時間の「どの4分」を撮影時間として選ぶか?

それが、とてもとても「難しい」のです。

 

しかも、この日のこの「空、雲」がどの様な影響を?

光としても、絵の背景としても?この空でいいのか?

そして、このMVはワンカット。空間や光がパーフェクトな瞬間を選べたとしても、パフォーマンスがうまくいくのか?

カメラワークはそれを捉え切れるのか?

課題が山積みなのです。あーシビれる…!

 

なお、FINNEASは、ビリー・アイリッシュのお兄さんであり共作者。

Asheは、Netflixでヒットした映画「好きだった君へ: P.S.まだ大好き」の主題歌を歌った人。

www.youtube.com

その曲も、今回のこの曲も、FINNEAS が作っています。

 

 

…という、話題満載なこのMVを…

 

 

今週の「Music Video of This Week!」とさせていただきます。

 

  

 

ちなみに、

1年前の 2020/3/4 のチャートはこちら。

ksmvintro.hatenablog.com

 

 

 

2年前の 2019/3/6 のチャートはこちら。

ksmvintro.hatenablog.com



 

3年前、2018/2/28 のチャートはこれ!

ksmvintro.hatenablog.com



 

 

4年前も取り上げることができるようになりました。2017/3/3 はまだこのチャートをやってなかった…

でも「毎日毎日!」新たな記事を書いていたあのころ!

その日の記事はこちら!

ksmvintro.hatenablog.com



 


ぜひ一度、ご覧あれ!時の流れを感じるなあ…。

 


 

では、

おすすめ音楽ビデオベストテン 洋楽編。

2021/3/3(水) 分です! 

 

 

 

第10位! 

Olafur Arnalds, JFDR で「Back To The Sky」。

www.youtube.com

2021/2/12 公開

3/3 19:58 時点での、総視聴回数 48,468回 

平均視聴数 2,423 回

冬至の日に集まって、歌って、撮影した、というMVだそうです。オーラヴル・アルナルズ、アイスランドの作曲家の作品のMV。ライブ演奏…?…なのですが、なんといっても、ボーカルの座り位置が良い! (笑) 良くない?

2009年の作品も、映像がとてもとても!良かったので、ご紹介します!

www.youtube.com

 

 

 

  

   

第9位!  

Foster the People で「The Things We Do(VIsualizer)」。

www.youtube.com

2021/2/11 公開

3/3 19:58 時点での、総視聴回数 79,960回

平均視聴数 4,933 回

 

  

 

      

第8位! 

 

Porter Robinson で「Look at the sky」。

www.youtube.com

2021/2/11 公開

3/3 19:59 時点での、総視聴回数 568,053回 

平均視聴数 27,050 回

 

 

 

 

    

第7位!

Foo Fighters で「No Son Of Mine」。

www.youtube.com

2021/2/7 公開

3/3 20:00 時点での、総視聴回数 1,008,336回 

平均視聴数 40,333 回

 

 

 

 

     

第6位!  

Chet Faker で「Get  High」。

www.youtube.com

2021/2/5公開

3/3 20:00 時点での、総視聴回数 1,463,328回 

平均視聴数 54,197 回

アーティスト名は当然「チェット・ベイカー」(ジャズ・ミュージシャン)の名前のもじりだよね。チェット・ベイカーはトランペッターなので、このチェット・フェイカーとは、あまり関係ない(楽器も曲・ジャンルも)のですが。この名前に引かれて「ん?見てみよう」と思いますよね。

わたくしまんまとはまったカタチなのですが。聞いてみたら、なかなかの音、そして、映像は、実写を加工するカタチのプラグイン処理。

でも、その出来上がりが「イカサマ(って言ったら怒られそう)」ぶりとマッチしていて、いいなあ、と思った…。

 

 

  

 

      

第5位!

The Pretty Reckless で「And So It Went」。

www.youtube.com

2021/2/5 公開

3/3 20:01 時点での、総視聴回数 1,598,999回 

平均視聴数 59,222 回

f:id:ksmvintro:20210210023236j:plain

 

 


 

  

第4位! 

Sia and David Guetta で「Floating Through Space」。

www.youtube.com

2021/2/4 公開

3/3 20:02 時点での、総視聴回数 6,597,531回 

平均視聴数 235,626 回

 

  

 

  

第3位!

Ashe & FINNEAS で「Till Forever Falls Apart」。

www.youtube.com

2021/3/3 公開

3/3 19:36 時点での、総視聴回数 298,339回 

平均視聴数 298,339 回

この撮影は難しい!

ポストプロダクション(映像の後処理作業のこと)で、映像の明るさを精密に調整しているとは思うが…。

楽曲の長さである「4分」の間に、周りの「明るさ」がどんどん変わっていく時間帯…でも、この微妙な時間帯は「マジックアワー」と呼ばれる…

太陽の高さが低くなっていき、やがては地平線に沈もうとする時間帯、その低い位置にある太陽空の光が「空に反射」し、その、空全体に反射した光が、地上のあらゆる方向柔らかく「照らし」、その光が空間を柔らかく包む…

その様な時間帯を狙って撮影されています。

 

先ほど書いた「ポストプロダクション」で、ある程度調整可能とは言え、この作品で表現されている「光の感じ」は、この瞬間しか「存在」しない。

30分前には違う「光」で、30分後にまた違う「光」になっている。

どの「4分」を切り取るか?つまり、太陽が沈もうとする前の時間の「どの4分」を撮影時間として選ぶか?

それが、とてもとても「難しい」のです。

 

しかも、この日のこの「空、雲」がどの様な影響を?

光としても、絵の背景としても?この空でいいのか?

そして、このMVはワンカット。空間や光がパーフェクトな瞬間を選べたとしても、パフォーマンスがうまくいくのか?

カメラワークはそれを捉え切れるのか?

課題が山積みなのです。あーシビれる…!

 

なお、FINNEASは、ビリー・アイリッシュのお兄さんであり共作者。

Asheは、Netflixでヒットした映画「好きだった君へ: P.S.まだ大好き」の主題歌を歌った人。

www.youtube.com

その曲も、今回のこの曲も、FINNEAS が作っています。

 

f:id:ksmvintro:20210303195614j:plain


 

 

 

 

第2位!

Billie Eilish で「ilomilo (Live From The Film - Billie Eilish: The World's A Little Blurry」

www.youtube.com

2021/2/23 公開

3/3 20:03 時点での、総視聴回数 3,504,468回 

平均視聴数 389,385 回

f:id:ksmvintro:20210225004056j:plain

 

 

 

 

というわけで…   

 

 

2021/3/3(水)、おすすめ音楽ビデオベストテン!

 

 

 

今週の第1位は…! 

 

 

Dua Lipa で「We're Good」。

www.youtube.com

2021/2/12 公開

3/3 20:04 時点での、総視聴回数 25,915,227回 

平均視聴数 1,295,761 回

これ、いわゆる「ストーリーもの」としては、最近の物の中では「傑作」と言えますね!

まずは、ディナーでの「歌・演奏シーン」が、リアルな雰囲気で撮れている。この自然な感じになかなかならないんですよね。たいていは「歌を見せる」という意識が強すぎる撮影になるのですが…この作品は、その「嫌な感じ」が「ない」。主に「照明」の自然さに依るのだと思いますが…

そして、

なんと言っても「エビ」目線であること(これは是非ご覧ください)。ボクの知っている限り、音楽ビデオで「エビ」の目線もしくは「エビ」が主役なものはなかった気が…(あ、先週のこのブログの「日本版」のイントロに書いた「4年前の記事」には、エビが主役のMVがありましたが)。

さらには、

この「オチ」。ちょっと「鳥肌」立ちました。ディナーの会場のテーブルが「スーッと動く」ところで…!終わってみれば「なんのことはない、アレね!」って感じなんですが、ギリギリまでそのオチを思いつかせない、そこまでの映像構成がすばらしい。これぞ、音楽ビデオにおけるストーリーもの!という感じですね! 

f:id:ksmvintro:20210217233447j:plain

 

          

…という結果に!!!  

 

  
いかがでしたでしょうか?

 

 

  

このベストテン決定の「ルール」は… 

 

★わたくし、川村ケンスケ a.k.a.映像大好きkk YouTubeアカウントに「おすすめ」等々の形で現れた

「音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオ」や「映像」のなかから、

 

「公開日」が「1ヶ月以内」で(これは、若干伸び縮みします…)という条件で、

 

川村ケンスケ a.k.a.映像大好きkk の視点で「10曲」

を選び、

 

★「総視聴数」を「公開されている日数」で割って…

公開からの「1日平均の視聴数」を割り出し、

 

★その「平均視聴数」の多い順で、チャートにしたもの!

 

です!

 

音楽もさることながら「映像的に、ぐっとくるもの、あたらしいもの」という視点で、選んでいます。

なお、

「再生回数上昇中!」は、

この曲が、今週の平均再生回数が、前週のそれより多くなった曲…すなわち、回数が伸びている!という判断で、この表記をつけます。

 

 

 

なお、

 

わたくし「映像大好きkk」は、こういうブログを書くことが専門!というわけではなく、

いろんな種類の映像を作る仕事をしております。

音楽ビデオやCMが主な主戦場ですが、それらをYouTubeのプレイリストにしました。

www.youtube.com

 

お茶やお酒のお供に、ぜひどうぞ。

 

そして、

こちらでも、映像にまつわるブログ、書いてます。

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

 

ここでは、映像大好きkk以外に、イケてる大人たちがイケてる記事をどんどんアップしています。

 

ぜひどうぞ!

 

>>>>>>>>>>>

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

映像大好きkkが在籍している、「キャンプサイト」は、

インディーズ音楽の「映像」を専門に「公開」「制作」しています。

YouTube : kampsitejp  https://www.youtube.com/?gl=JP

Facebookも。 https://www.facebook.com/kampsite.co.jp/

ホームページはこちら。http://www.kampsite.jp

 

よろしくお願いいたします!

 

>>>>>>>>>>>